旅とBROMPTONとカメラ
by: 伊澤 光一

どうもみなさんこんにちは。毎度おなじみ伊澤です。

 

わたくし、肩に斜めかけできるカバンがすきで愛用しているのですが、ず~っと左肩にかけ続けていたからかこのところ左肩だけひどい肩こりがあり、なんだか体調が優れません。最近は右肩にかけるようにしておりますが中々改善しないものですね。どなたか良い解消法をご存じの方はぜひ教えてください。

 

そんなことはさておき、もうすぐ本格的に夏に突入しますね。「夏」というワードでイメージされるものはみなさま一体なんでしょうか?

大宮店としてはやはり「旅」ですね。

旅のお供といえばやっぱりこのひと【BROMPTON】。

s-obagIMG_3200.jpg

車や電車などでの旅も良いでしょうが、やはり自分の力で目的地まで走り切ったときの達成感は何者にも代え難い経験となるでしょう。

しかし人間の記憶とは時間とともに薄れていってしまうもの。思い出の場所をいつまでも忘れないでいたい。なんて誰しも考えたことがあるでしょう。そんな時に役立つのが【カメラ】ですね。

近年では、携帯電話にカメラ機能が搭載されていて、どんどん画質も上がってきておりますが、やはり一眼レフのようなホンモノのカメラで画像を記録しておきたいという方も多いはず。

 

そんな【BROMPTON】と【一眼レフ】をつなぐナイスなアイテムを本日はご紹介いたします。

 

ORTLIEB カメラバックインサート (H17xW24xD14cm)

s-obagIMG_3198.jpg

BROMPTON用フロントバックとして大人気の【ミニOバック】の中に入れて一眼レフを使いやすく、安全に持ち運ぶためのアイテムです。

s-obagIMG_3194.jpgs-obagIMG_3195.jpgs-obagIMG_3197.jpg

ミニOバックはかなりカラーバリエーションがあり、大宮店にもこれだけの種類がありますがまだ一部です。ないものはお取り寄せもできますのでご相談下さいませ~。

 

さて実際にミニOバックに入れてみると…、

s-obagIMG_3199.jpg

すっぽり収まります。専用品ですから当たり前ですね。バック内部の左右のぼこぼこはマジックテープでくっついているので必要に応じて取り外すことができます。

s-obagIMG_3205.jpg

実際に一眼レフを入れてみるとこんな感じ。ボディやレンズにもよるでしょうが、収まりはよく安心して入れておけます。

s-obagIMG_3204.jpg

そしてミニOバックが便利なのは、まず【防水構造】であること。完全に浸かってしまうような状況では効果を発揮しませんが、空から降ってくる雨に対しては無敵。カメラの天敵である水分対策はバッチリです。

 

さらに、このミニOバックは手前から開ける構造になっております。するとどうなるかといいますと、

s-obagIMG_3201.jpgs-obagIMG_3203.jpg

自転車から降りなくてもバックが開閉できるんです~。便利だわ~~。

カメラを手にして写真を撮る手順がすごく楽になりますね~~~。

 

 

さらにさらに、ミニOバックにはショルダーベルトも付属しますので、もし自転車を置いてバックだけ使用するような場面にもしっかり対応。

s-oobagIMG_3206.jpg

万能とはまさにミニOバックのことだぁ~。

 

 

旅をさらに快適にする、【ミニOバック】そして【カメラインサート】

今年の夏の旅のお供にいかがでしょうか?


■BROMPTON ミニOバック(各色)

 \20,000-(+税)

ORTLIEB カメラバックインサート

 \3,300-(+税)

前の記事へ

次の記事へ